1. HOME
  2. アダルトネタ
  3. 男が気になる女性器の構造について

男が気になる女性器の構造について

意外と複雑な構造で作られている

女性とセックスをすると必ず女性器に触れますがどういった構造で
女性器ができているか知っている男性は意外と少ないと思います。
男性ならみんな触りたいと思う女性器ですが何も知らないのは
マナー違反ですね。そこで今回は女性器の仕組みと構造について
詳しく解説していきます。この情報を知っていれ
女性器を触る時にも気持ち良くできるポイントが分かるかもしれません。
まずは女性器の外側の部分、大陰唇についてです。
ここはセックスをしたことがある男性ならみんな見たことがある部分ですね。
ぷっくりと膨らんでいる所は脂肪で形成されています。
人によってはこの部分に毛が生えていたり、生えていなかったりします。
刺激を与える事で血液が溜まり誇大していきます。
ここ自体は性感帯ではないため、刺激してもあまり気持ち良くはなりませんが
じっくりと舐めたり触ったりすることでゾクッとした感覚が
得られるので、時間をかけて愛撫したい時にはこの部分を攻めるようにしましょう。
次は大陰唇の中にある小陰唇について。
この部分はヒダとも呼ばれていて人によって大きさや色、形は
バラバラな事が多いです。通常時は左右のヒダで膣内に細菌が入るのを
防ぐ役割を果たしています。セックス時には左右に開いて
男性器を迎え入れてくれる部分でもあります。
本当に女性が感じているか確認したい場合には
小陰唇の開き具合をチェックしてみるのも良いかもしれません。
本当に感じていればパックリと開いているはずです。
そしてこの部分は大陰唇に比べると刺激に弱く
快感を得やすい部分なので手マンやクンニをする際には
この部分を重点的に攻めましょう。

それぞれの性器の意味をしっかり理解しよう

さらに女性器の内部に入っていくと陰核と呼ばれる部分があります。
いわゆるクリトリスと呼ばれている部分で
見た目は膨らんで豆のような形をしています。
この部分はとても敏感で快感が強く、女性が一番感じる性感帯としても
有名ですよね。女性によってはクリトリスの刺激だけで
オーガズムを迎える事も可能ですので
男性の方は上手に陰核を攻めるようにしましょう。
通常時は皮の中に隠れていますが、興奮すると大きく膨らんで
外に出てきます。これは男性器と似た作りになっている性器ですよね。
次に紹介するのは尿道口です。
陰核から真っ直ぐ下に行くと尿道口があります。
指で触っても分からないくらい小さな穴があります。
尿道は性感帯ではないのであまり気持ち良くはなりませんが
攻めすぎると尿道炎や膀胱炎になる可能性があるので
注意が必要です。
そして尿道口のさらに下に行くと膣があります。
もはや説明不要の部分ですが男性器を挿入する穴になっています。
女性の性器についてご説明してきましたが如何でしょうか?
この記事を参考に女性器を上手に攻めるポイントを見つけてみて下さい。

サイトメニュー

サイト情報

当サイトで掲載している記事の内容に関しては、細心の注意を払うよう努力していますが、情報に関してその正確さを保証するものではありません。万一、当サイトの内容について間違いなどがあった場合でも、管理人は一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承下さい。当サイトに掲載している情報については、すべて自己の責任で閲覧し利用して下さいませ。